2007年04月20日

宮 〜Love in Palace〜

キャスト


★シン・チェギョン役 ユン・ウネ
 制服のスカートの下にジャージをはいているちょっと変わった(?)今どきな女子高生。最初はシンのことを性格の悪い皇太子と思っていたが、クールな表情の裏に隠された孤独に気付く。持ち前の明るく楽天的な性格で、やがて宮中の人々に変化をもたらしていく事となる。

★イ・シン役 チュ・ジフン
 知性と美しさを兼ね備えた美形皇太子。宮中での厳しい規律とプライバシーのない生活に嫌気を感じている。。おてんばな皇太子妃チェギョンを手なづけようとする一方で、秘密の恋人ヒョリンと危険な恋の駆け引きをするようになる。そんな中、ユルとの間でチェギョンと王位をめぐって思いがけなく争う羽目になってしまう。

★イ・ユル役 John-Hoon
 何から何までシンとは対照的なキャラの持ち主である。皇太子だった父の死を機に宮中を去ったが、王位を取り戻すという野望に燃える母とともに再び宮中に戻って来る。クラスメートとなったチェギョンに惹かれ、恋と王位をめぐりシンのライバルとなる。

★ミン・ヒョリン役 ソン・ジヒョ
 シンの秘密(?)の恋人。バレリーナを夢見ていたため、シンからの突然のプロポーズを悪ふざけと思い断ったが、チェギョンと結婚した彼を見て失ったものの大きさに気付き、その愛情を取り戻そうと決意する。しかし、才色兼備で完璧と思われた彼女の過去には重要な秘密が…。
【関連する記事】
posted by sasuke at 21:36| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソン・スンホ復帰!!

 ソン・スンホンがキム・ヘゴン監督の次回作「宿命」にキャスティングされた!
 ソン・スンホンは軍除隊後、ドラマでの復帰が決まっていたが、制作中止を受けドラマ出演が延期されていた。
 「宿命」は友情と義理、裏切りを描いたアクション犯罪映画で、ソン・スンホンは主人公キム・ウミン役でカリスマ性にあふれた男性美をアピールすることになるでしょう。
 キム監督はキム・ウミン役について、静かな生活を送りつつも、極限状態になると野生を爆発させすべてを投げ出してしまう二面性を持つキャラクターだと説明する。5月末にクランクインし、年末公開予定だ。キム監督は映画「パイラン」の脚色を担当し、「恋愛、その耐えられない軽さ」で監督デビューした。
 さらに、クォン・サンウの出演も確定した!!との事。。。




♪♪♪楽しみですね〜♪♪♪ 





posted by sasuke at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

愛してると云って cast

愛してると云って


キャスト


キム・ビョンス:キム・レウォン
日本語吹替:要 潤

チョ・イナ:ヨム・ジョンア
日本語吹替:本田貴子

ソ・ヨンチェ:ユン・ソイ
日本語吹替:小林沙苗

パク・ヒス:キム・ソンス
日本語吹替:矢崎文也

演出:オ・チョンロク
脚本:キム・ギュワン

☆100万ドルの笑顔☆として知られているキム・レウォン主演で描く、大人のための本格的ラブストーリー!



彼が欲しい。だから、あの娘を奪って。
「純愛」に忍び寄る激しい「情熱」。
目の前に差し伸べられた手を握り返した瞬間、迷宮の扉が開く。
魔法を解く鍵は、ただひとつ。
愛してると云って―。




ん〜意味深!!
posted by sasuke at 00:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 愛してると云って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。