2007年04月13日

王の男〜あらすじ〜  〜キャスト〜

あらすじ


 キム・テワン原作の舞台劇「爾」(イ,「汝」の意味)。
 16世紀の李氏朝鮮の時代、ふたりの男性大道芸人(クァンデ)チャンセンとコンギルは仮面劇(山台劇)の最高の相棒。二人は漢陽の街で暴君燕山君を風刺し、死罪に処せられそうになり、チャンセンは王を笑わせられたら罪を免ぜられるべきであると豪語する。コンギルの演技でついに王を笑わせることに成功した二人は、王宮付きの芸人として召し抱えられ、狂王に仕えるが、次第に宮廷の陰謀に巻き込まれていく。また、王の寵愛を美貌のコンギルに奪われたと嫉妬する寵姫ノクスも策謀を巡らせる。。。



キャスト



カム・ウソン:チャンセン(芸人)

イ・ジュンギ:コンギル(芸人)

チョン・ジニョン:ヨンサングン(燕山君、第10代朝鮮王朝国王)

カン・ソンヨン:ノクス(緑水、王の寵姫)


監督:イ・ジュンイク

posted by sasuke at 12:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 王の男 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。